翻訳会社を見つけるコツ

こんにちは。最近は爽やかに晴れる日も多く、過ごしやすい気候で、外を散歩することも多くなりました。家にこもってばかりだと、モヤシになりそうで、光合成のためにも(笑)軽く散歩したりします。

翻訳の仕事に煮詰まった時も良く、気分転換に外を歩いたり、走ったりすることもあります。外の空気を吸うってすごく気分が落ち着くし、人間にとって自然というものがいかに大事かを感じさせてくれる瞬間です。空気がきれいな土地ならなおさらじゃないでしょうか。ちょうど今、環境問題に関する内容の翻訳をしているのでそんな思いにふけってしまうのかもしれないです。

そういえば先日、大学に勤める友人から、いい翻訳会社はないかと相談を受けました。日本語から英語への翻訳だそうです。内容的にも専門性が高いようなので、翻訳会社に勤務経験もある私に相談がきたようです。

私は自分が勤めていた会社は勧められないですが(汗)、翻訳会社を比較するうえで何が必要かは経験上わかるので、いろいろ調べてみました。

学術的な専門分野を扱える翻訳会社だけでもかなりの数があります。もし専門的な内容の論文翻訳とかを依頼するなら、慎重に選ぶべきだと思います。正直、品質はピンキリです。新しい会社よりある程度経歴もあり、大学と取引が多い会社も良いと思います。

あとはネイティブチェックがついているか、翻訳工程がしっかり明示されているかなど、厳しい目でチェックしてください。内容はお試し翻訳とかのサービスもあるので、利用したほうがいいと思います。品質を重視するなら、安すぎるところも避けたほうが良いです。私の経験上、優秀な翻訳者への報酬はそれなりの金額なので、安すぎてはそういう優秀な人は雇えないかと・・・。これを読んでいる皆様のお役に少しでも立てればうれしいです。ではそろそろ仕事に戻ります(笑)

我が家のゴールデンウィークは

いきなり久しぶりの更新となってしまいました(汗)。これじゃ日記になりませんね。これじゃダメだ・・・。言い訳になりますが、たださぼっていたわけじゃないんです。前回の更新後すぐに翻訳の仕事の依頼が入りまして、ちょっと難しい内容だったので、そこに集中しておりました。

翻訳やチェックの仕事をしていると、寝ても覚めても頭の中に文字がぐるぐる回っているような状態になるんです。私だけかな。だから、終わるまでは、頭も気持ちも落ち着かない・・・。でもその仕事も何とかやり終えました。

今年のゴールデンウィークは主人が仕事だったので、仕事をいただけてなんだか助かりました。世の中には9連休って人も多かったようですね。私も主人も海外旅行が好きなので、付き合っているころから、休みが合えば、良く出かけました。

フランス、イギリス、イタリア、バリ、シンガポール、グアム、韓国など・・・。ただ、お互い暦通りのスケジュールだったので、休みが取れるのはいつも旅費がバカ高い時。このシステムどうにかなんないんですかね。

例えば韓国に行くとしても、オフシーズンなら4万くらいで旅行できるところが、GWや年末年始になると2倍にはなる・・・。なんかおかしい気がするのは私だけでしょうか。

今年のGWは2日間だけ主人も休めたので、近くの公園にピクニックにいったり、日帰り温泉に行ったり、とにかくのんびり過ごしました。たまにはそんな休日もいいですよね。普段の土日と変わらないですが(笑)次は夏休みか・・・どこか行きたいなー。

英語に囲まれて仕事をしていいます

はじめまして。30代主婦のミナコと言います。ブログは超初心者です。日記をつけることが今年の目標だったのですが、もう5月・・・。せっかくならネット公開の形でブログをはじめて、自分にプレッシャーを与えてみようかと思い、ついにスタートしました。

まずは自己紹介がてら私のことを書いてみます。私は、中学生のころから英語が好きで、大学では語学を専攻していました。私の時代は就職氷河期だったので、英語関係の仕事にはつくことができなかったのですが、2度の転職を経て、翻訳会社で働きはじめました。

別の仕事に就いた時も英語の勉強だけは怠らず、いつか英語を使った仕事ができるようにと頑張ってきた甲斐がありました。10年ほど勤めた後、結婚して退社し、今はフリーのチェッカー兼翻訳者として在宅で仕事をしています。

翻訳の仕事は、言語に囲まれた毎日で、文字を数えたり、英語とにらめっこしたり、お客様の希望を聞いたり・・・正直思っていたより大変です。でもそれ以上にやりがいもあります。

言語が壁をつくってスムーズにいかない取引やコミュニケーションなどが、私たちが翻訳という橋をかけてあげることで、その会社や人にとって新しい未来が開けたりするのですから。まあちょっと大げさかもしれないですけど、そういうことができる仕事なのです。

これから東京オリンピックもあるし、私も何かしらの形で貢献できたりしたら良いなと考えたりもしています。翻訳に関わる仕事ってたくさんありますが、仕事内容とか意外と知らないですよね。このブログの中でもきっとたくさん登場すると思いますので、よかったらこれからも気長にお付き合いください。