高卒認定と高卒資格の違いは?

こんにちは!「名古屋発信!通信制高校情報通」の榊原です。

高校卒業には、高卒資格と高卒認定という言葉は似ていても意味合いが大きく違うものがあります。

では、どのように違うのか、それを今回は紹介します。

高卒認定と高卒資格の違い

出典:フォトAC

高卒資格というのは、正確には「高等学校卒業資格」といい、高等学校を卒業したという事実を示す資格の事です。

対して、高卒認定というのは、正確には「高等学校卒業程度認定試験」といい、高等学校は卒業していないけど、高等学校卒業と同等程度の学力であることを認定する、というものです。

つまり、簡単に言えば高卒資格は高等学校を卒業していることになり、高卒認定は高等学校を卒業していないが学力はある、ということになります。

高卒認定と高卒資格のそれぞれのメリット

では、高卒認定と高卒資格のそれぞれのメリットはどうなのでしょうか。

高卒資格のメリット

高卒資格のメリットは以下のようなものが挙げられるでしょう。

・最終学歴「高校卒業」となる
・最終学歴で就職の幅が広がる
・学力以上の経験を得ることができている
・人生経験が就職活動で評価されやすくなる

最終学歴が「高卒」となるので、高校卒業程度の学力を得ていることが証明されることになります。

また、学力以外にも高校で得た経験や人間関係、コミュニケーションスキルなどは、就職活動をする上では有利になります。

高卒認定のメリット

高卒認定のメリットは以下のようなものが挙げられるでしょう。

・高等学校に通わなくても得られる
・学習期間が短く、最短数ヶ月で取得できる
・費用が安い

高卒認定の最大のメリットは、「高校に通わなくても良い」ということでしょう。

高卒資格は高校に3年以上在籍し、必要な単位を取得しないと得ることはできません。

しかし、高卒認定は高校に通う必要がなく、取得しようと思えば最短数ヶ月程度で取得することができます。

高卒認定は、試験にさえ合格すればすぐに得ることができるので、すぐに就職や大学進学等に活かすことができます。

また、高校に通うよりも費用が安く抑えられ、7科目を受験しても8,500円程度になります。

低コストで認定を得ることができるのは大きなメリットでしょう。

通信制高校の通学の種類

こんにちは!「名古屋発信!通信制高校情報通」の榊原です。

通信制高校には通学にいくつかの種類があります。

全日制高校の場合は週5日通学が当たり前で、それ以外の選択肢はありませんが、通信制高校は自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができるんです。

通信制高校の通学スタイル

出典:フォトAC

通信制高校には以下のような通学スタイルがあります。

・全日型(週5日通学)
・週1日~通学
・家庭教師型
・自宅学習メイン(月2回程度通学)

通信制高校の中には、採用していない通学スタイルもありますが、ほとんどこのどれかは採用されています。

全日型

全日型は、全日制の学校と同じように毎日通学して授業を受けていくスタイルになります。

毎日通学するからといって学年制ではないことが多いため、必ず3年間で卒業できるとは限りません。

クラスで授業を受けながらレポートを完成させていくのが基本的なスタイルです。

週1日~通学

通信制高校の場合だと、この通学スタイルが最も多いです。

毎日通う必要がないのが通信制高校のメリットなので、無理なく、自分の時間を自由にとりながら学習を進めていくのは丁度いいのでしょう。

家庭教師型

こちらは採用していない通信制高校もあります。

家庭教師型は、自宅に担任の先生が直接着てくれて、自分の部屋で学習をしていくスタイルです。

自分で勉強をするのが苦手な生徒の場合は、自分の部屋で授業を受けることができるのでリラックスしながら自分のペースで授業を受けることができます。

自宅学習メイン(月2回程度通学)

完全自宅学習がメインで、通学を最小限にしている学習スタイルです。

学校のほぼ通わないので、自分の時間を作りやすく、アルバイト等で社会勉強をしながら学習を進めることができます。

ただし、年に通わないといけない日数が決められていることが多く、基本は年20回程度になっています。