高卒資格と高卒認定の違い

高卒認定と高卒資格の違いとは?

こんにちは!「名古屋発信!通信制高校情報通」の榊原です。

高校卒業には「高卒資格」と「高卒認定」の言葉は似ていても意味合いが大きくもの卒業があります。資格と認定では、どのように意味合いが違うのか?一緒に確認していきましょう。

 

高卒認定と高卒資格の違いについて

高卒資格というのは、正確には「高等学校卒業資格」といい、“高等学校を卒業しました”という事実を示してくれる資格になります。

対して、高卒認定というのは、正確には「高等学校卒業程度認定試験」といい、高等学校は卒業していないけど、高等学校卒業と同等程度の学力であることを認定する、というものです。

つまり、わかりやすく言うと、高卒資格は高等学校を卒業していることを表し、高卒認定は高等学校を卒業していないが、卒業できる程度の学力はある、ということになります。

 

高卒認定と高卒資格それぞれのメリット

では、高卒認定と高卒資格には、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。
確認していきましょう。

 

高卒資格のメリット

高卒資格のメリットは、以下のようなものがあげられます。

  • 最終学歴が「高校卒業」となる
  • 最終学歴で「就職の幅」が広がる
  • 学力以上の「経験を得る」ことができている
  • 就職活動で「人生経験」が評価されやすくなる

 

最終学歴が「高卒」となるので、高校卒業程度の学力を得ていることが証明されることになります。

また、学力以外にも高校生活で得た経験や人間関係、コミュニケーションスキルなどは、就職活動をする上でとても有利になります。

 

高卒認定のメリット

高卒認定のメリットは、以下のようなものがあげられます。

  • 高等学校に通わなくても得ることができる
  • 学習期間が短く、最短数ヶ月で取得できる
  • 認定を受けるための費用が安い

 

高卒認定の最大のメリットは、「高校に通わなくても良い」ということでしょう。高卒資格は高校に3年以上在籍し、必要な単位を取得しないと得ることができません。

しかし、高卒認定は高校に通わずに、最短数ヶ月程度で取得することができます。高卒認定は、試験にさえ合格すれば取得することができるので、すぐに就職や大学進学等に活かすことができます。

また、高校に通うよりも費用を安く抑えることができ、7科目を受験しても8,500円程度になります。低コストで認定を得ることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

通信制高校 通学巣大老

通信制高校の通学スタイル

こんにちは!「名古屋発信!通信制高校情報通」の榊原です。

通信制高校の通学にはいくつかのスタイルがあります。

全日制高校は、週5日の通学が基本でそれ以外の選択肢はありませんが、通信制高校では、自分の生活スタイルに合わせて通学のカタチを選ぶことができるのです。

 

通信制高校の通学スタイルについて

通信制高校には以下の通学スタイルがあります。

  • 全日型(週5日通学)
  • 週1日~通学
  • 家庭教師型
  • 自宅学習型(月2回程度通学)

学校によっては採用していない通学スタイルもありますが、基本的にどの学校でも、上記の4つのスタイルのうちのどれかは必ず採用しています。

 

全日型

全日制高校と同じように毎日通学して授業を受けるスタイルになります。ただし毎日通学するからといっても学年制ではないため必ず3年間で卒業できるとは限りません。

クラスで授業を受けながらレポートを作成していくのが基本的な学習になります。

週1日~通学

通信制高校の中では、この通学スタイルが最も多いです。

毎日通学する必要がないのが通信制高校のメリットでもあります。自分の時間を自由にとりながら学習を進めていくには、このスタイルが一番良いのかもしれません。

家庭教師型

採用していない通信制高校もありますが、担任の先生が直接自宅に訪問して学習をすすめていくスタイルになります。

自分の部屋なので、リラックスしながら授業をを受けることができます。

自宅学習型(月2回程度通学)

自宅学習がメインで、通学を最小限にした学習スタイルになります。

ほぼ学校に通う必要がないため、自分の時間を自由に作ることができるので、アルバイト等で社会勉強をしながら学習を進めることもできます。

ただし、学校に通わなければならない日数が年に○○回と決められていることが多く、一般的には年20回程度という学校が多いです。

通信制高校に通う理由

通信制高校に通う理由は多種多様

初めまして!「名古屋発信!通信制高校情報通」の榊原です。

名古屋の某通信制高校で講師をしています。以前から、通信制高校についての情報を発信するブログを立ち上げたいと思っていたのですが、やっと実現しましたw

これから通信制高校に関する情報をどんどん発信していきますのでよろしくお願いします。

 

通信制高校と言っても一般的にはあまり馴染みがないように感じますが、年々増加傾向にあり、今では全国に250校以上もあるんですよ。

中学を卒業した後は、全日制高校に進学するのが一般的でしたが、近年を見ると必ずしもそうではないようです。では、どういった人が通信制高校に通っているのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

 

通信制高校にはどんな人が通っているのか?

通信制高校にはどんな人が通っているのでしょうか。通う理由は多種多様です。

一昔前までは、全日制高校の学費が払えないといったケースや、人間関係などのトラブルで不登校になっていたケースがありました。

 

しかし近年では、高校には行かずに音楽やスポーツの道に進みたいといった人も通信制高校に通うようになっています。

また、若いときに高校進学ができなかった人や、高校中退で社会に出たが高校を卒業していないと就職に不利なので、高校卒業の資格を取得したいという人も通っています。

 

以下に例として、通信制高校に通っている人の理由を紹介します。

 

  • 人間関係などのトラブルで地元の高校の進学に抵抗がある
  • 全日制高校に入学したが合わないので転入や編入がしたい
  • 若いころに高校に進学することができなかった
  • 過去に高校を中退してしまい卒業できなかった
  • 働いたり、子育てしながら高卒の資格を取得したい
  • 芸術活動やスポーツなどをしながら高卒の資格を取得したい

 

このように、通信制高校に通う人には多種多様な理由があるのです。